So-net wimax情報局

So-net WiMAXの解約方法と違約金なしで解約する方法を解説

so-net wimaxの解約で違約金が発生しない月は

WiMAXの中途解約はタイミングを間違えると違約金が発生します。

「これから解約を考えている」

という方は是非、解約方法やタイミングを確認してください。

解約を電話で行いたい

解約を電話で行いたい場合には以下の連絡先から解約できます。

フリーダイヤル: 0120-80-7761

ガイダンスにしたがって進むと退会に関するお問い合わせが案内されます。ガイダンスどおりに進むと担当者つながります。

詳しくはこちら

それでは、解約に関する注意事項を説明していきます。

解約時の違約金の金額にはいくらになるのか、また当月分の利用料は日割りになるのか

まずは一番重要な「違約金」から確認していきましょう。

違約金は契約しているコースによって変わります。

Flat ツープラス ギガ放題 (2年)もしくはFlat ツープラス (2年)

Flatツープラス系の2年プランで契約していた場合は、2年間の縛り期間になっています。

契約期間はサービス開始月の翌月を1ヶ月目として25ヶ月目の月末までです。

契約期間を超えると再び2年契約が自動更新されます。

違約金は

  • 1年目: 19,000円
  • 2年目: 14,000円
  • 3年目以降: 9,500円

となっています。

Flat ツープラス ギガ放題 (3年)もしくはFlat ツープラス (3年)

Flatツープラス系の3年プランで契約していた場合は、3年間の縛り期間になっています。

契約期間はサービス開始月の翌月を1ヶ月目として37ヶ月目の月末までです。

契約期間を超えると再び3年契約が自動更新されます。

違約金は

  • 1年目: 19,000円
  • 2年目: 14,000円
  • 3年目以降: 9,500円

となっています。違約金の額は2年プランと変わりません。

Flat ツープラス (4年)

4年プランの場合は契約縛り期間が4年です。違約金は2年プラン3年プランと変わらず。

  • 1年目: 19,000円
  • 2年目: 14,000円
  • 3年目以降: 9,500円

こうなっています。

違約金が発生しないように解約するには 「更新月」で解約する必要があります。

So-net WiMAX2+の更新月とは

契約解除料金が唯一発生しないのが「更新月」になります。

この月以外に解約した場合には先ほど説明した違約金が発生します。では更新月はいつになるのでしょうか。

初回更新 2回目以降
2年プラン サービス開始月の翌月を1ヶ月目とした25ヶ月目 更新月翌月を1ヶ月目とした24ヶ月目
3年プラン サービス開始月の翌月を1ヶ月目とした37ヶ月目 更新月翌月を1ヶ月目とした36ヶ月目
4年プラン サービス開始月の翌月を1ヶ月目とした49ヶ月目 更新月翌月を1ヶ月目とした48ヶ月目

このようになっています。ただWiMAXに関しては契約を続けると割高になるので初回契約期間が終了となる1回目の更新月で解約するのがお得です。解約後にまたキャンペーンを利用すればいいですからね。

長期契約に対する優遇制度がないので契約解除料金のかからない更新月に解約しましょう。

解約のタイミングを間違えないように

解約するときは基本的に完全にアカウントを消してしまうことをオススメします。そうするとSo-netと再契約するときにも確実に新規会員扱いになるために、キャンペーンが再度適用されます。

WiMAX2+の解約ページでも必ず「So-net退会」を選びましょう。退会は当月末か翌月末かの2択で退会月の末までサービスを利用できます。退会が月末扱いになるためにいつ解約・退会しても月末まで料金が発生します。日割りはありません。

何度も言いますが、違約金が発生しないのは「更新月」だけです。それ以外の月は違約金が発生するので気をつけましょう。

基本的にWebでの受付か電話での連絡で退会可能です。それ以外の作業は必要ありません。機種は自由に使えるし、いれていたUIMカード(simカードみたいなの)返却不要で自分で処理してOKです。

So-net WiMAX2+ 退会手続きはこちら